事故車の値段は査定でどのくらい下がるのか?

事故車は査定額が下がることはよく知られていますが、実際どのくらい下がるのかわからないという人は多いです。

では実際どのくらい下がるのかというと、これはケースバイケースです。

例えばひどい事故を起こしてエンジンが大破して車として使えなくなっているのなら半額どころか無料引取りになることがありますし、ちょっと壁にこすってボディに傷が付いたくらいであればそこまで大きく落ちるわけでもありません。

こういったことから「車としての性能がどれくらい残っているか」が焦点であると言えます。
ただ修復歴がつくほどの事故車、要するにフレームが曲がるなどで修理をした事故車になると、価格は一気に落ちてしまうのは間違いないでしょう。

もし事故車を今後売ることを検討しているのであれば中古車査定協会に見せるのがベストです。

中古車査定協会では事業者よりも客観的な視点で車の状態をチェックした上で価格を算定してくれますから、事故がなければどれくらいの価値があったのかなどを教えてもらうことが可能です。

この中古車査定協会での結果を出せば事故後の交渉で査定落ち部分を賠償金に含められることがありますから、もし事故によって事故車にされてしまい、その損を相手に払わせたいということであれば考えてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする