追突された事故車でも査定OK

運転中に追突されたら自動車保険で満額出るだろうと思ってしまいがち。追突など防ぎようがない場合が殆どですから元通りにして欲しいものですよね。ところが車両の時価価値が低いということで満額の補償はされず一部だけの補償になってしまうこともあるのです。
そうした場合、身銭を切って直してしまうのもひとつの選択肢ですが、査定に出して売ることも検討してみた方が良いでしょう。追突された事故車が売れるのかと疑問に感じるかもしれませんが、売れる可能性は十分にあります。
売れる理由は事故車にも価値があるからです。例えば程度によっては直すことが可能ですし、そして業者なら安く直すことができますので修理をして再販することもできます。
残っているパーツにも価値が付くことがあります。追突された場合はフロント側がキレイに残っていることが殆どですが、ボンネットやガラス、ステアリング、シートなどなど、こうしたパーツはリユースすることが可能なのです。
時には海外への輸出の為に売れることもあります。発展途上国ではパーツの調達が難しいということで事故車でも需要があります。ぼろぼろでも海外では必要とされるゆえに買取対象になるのです。
一見して利用価値が低そうでも売れたりしますので、直せない車がある場合は査定を検討してみるのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする